宮廷女官チャングムの誓い」は韓国で視聴率50%を超えた伝説の韓国大河ドラマ。16世紀初頭の朝鮮王朝、中宗の時代に実在したといわれる医女・チャングム(大長今)の生涯を壮大に描いた時代劇です。

< 全54話ストーリー >

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 |

チャングムの誓い、第42話 「王の病」

0

    スポンサード・リンク






    Changumu057 ヨリの陰謀によりヨンセンの体調が思わしくありません。そこで、医女たちによりヨンセンの脈診が行われます。

    医女たちは皆、ヨリの診断と異なり高血圧の診断を下します。一方、シン・イクピルから問い詰められ、逃げ場をなくしたヨリは、あくまで貧血と高血圧の見分けがつかなかったと主張するのです。

    側室の妊娠に関わる誤診のため医女にあるまじき未熟さと、シン・イクピルはヨリの恵民署(ヘーミンソ)への更迭をユンスに訴えます。

    一方チャングムはヨリにチェ女官長への伝言を告げます。

    母のように慕っていたハン尚宮(サングン)を死に追いやった、忌まわしいアヒル事件の真相を明らかにするために、あの時中宗が倒れた真の原因を突き止めたいチャングムでした。

    続きを読む >>

    動画情報


    [スポンサード・リンク]



    1

    © チャングムの誓い-全話のあらすじと動画情報


    免責事項について

    免責事項

    当サイトは、インターネット上に存在し、かつ検索エンジンの検索結果として通常に取得できる外部動画共有サイトなどへのリンクのみを掲載しています。リンク先にあるいかなる動画、映像、メディアファイルを提供するものではなく、またアップロードもしておりません。以上の理由により、これらのコンテンツに関する正確性、法規順守、著作権等に対し一切の責任を負うものではありません。それらへの責任は全てリンク先のサイトの責任に帰するものと理解します。

    もし、リンク先にあるコンテンツが法的に問題が存在すると考えられる場合は、リンク先の該当サイトの責任者に対し直接、適切な法的アクションを取られるようお願いします。また、視聴・閲覧はご自身の責任において行っていただけるようお願いします。当サイトは、リンク先の動画視聴にあたって発生した如何なるトラブルや損害について一切責任を負いかねますのでご注意願います。

    Disclaimer

    This site is absolutly legal and contain only links to other sites normally searchable/available on the Internet : We do not host or upload any video, films, media files:This site is not responsible for the accuracy, compliance, copyright, legality, decency, or any other aspect of the content of other linked sites. If you have any legal issues please contact appropriate media file owners / hosters.

    If you believe your copyrighted content is showing on this site, please take your DMCA take down notices directly to the video websites that are hosting your files.

    ▲ページの先頭へ

    検索

    Custom Search

    スポンサード・リンク

    最近の記事

    categories

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM